【意外と簡単】気になるいぼを病院やクリニックで治療する方法!

サイトメニュー

ボディ

いぼの治療方法

いぼの治療方法は液体窒素の治療方法がゆうめいですが、最近ではレーザー治療も広まってきています。レーザー治療は手軽に行えるので、おすすめの方法です。皮膚がんの疑いがあるいぼはメスを使って切除します。

医者と看護師

除去以外の治療方法

いぼは、メスやレーザー、液体窒素で除去する治療方法がメジャーですが、塗り薬や内服薬での治療もありまう。塗り薬で一般的なのがサリチル酸と呼ばれる、角質を柔らかくする薬です。

女性

どこで治療する?

いぼ治療をするに当たって、きになるのがどこで治療するかということですね。選択肢としては、病院の皮膚科か美容皮膚科などの美容系のクリニックです。肌の将来を見越して受診するなら美容皮膚科がいいでしょう。

医者と看護師

いぼのよくある疑問

いぼは魚の目とは違います。魚の目は角質が刺激によって固くなってしまったものですが、いぼは紫外線やウイルスなどが原因で、できるものです。除去するときにも方法が違います。

院内

いぼの遺伝

いぼは遺伝すると言われています。遺伝するのは非ウイルス性の加齢性いぼです。いぼができやすい体質は遺伝しますので、親がいぼがあるという人は、対策をしっかりしておきましょう。

手のいぼで悩んでいる

医者

手には、ウイルス性のいぼ(イボ)や老人性のいぼ(イボ)ができると考えられています。ウイルスの性いぼ(イボ)は、表面がザラザラと粗い突起状をしているものや平べったいものなどがあります。形や色はさまざまで、大きさは豆粒以下のものがほとんどです。また、手の甲や手のひら、指、爪など手のさまざまな場所にできます。老人性のいぼ(イボ)は、脂漏性角化症とも呼ばれます。一見しみ(シミ)のように見えますが、よく見ると表皮が少しもり上がっているのが特徴です。良性の腫瘍なので、体に悪影響を与えることはありませんが、悪性の腫瘍のなかには老人性のいぼ(イボ)と非常に似ているものがあります。いぼ(イボ)を見つけたら、自分で判断せずに医師に相談するようにしましょう。また、手にできるいぼ(イボ)のなかでも、ウイルス性のいぼ(イボ)に関してですが、手は、日常生活でよく使い、さまざまなものを触ります。そのため、知らないうちにささくれやあかぎれ、すり傷などといった小さな傷ができやすいところでもあります。その小さい傷からウイルスが侵入すると、ウイルスに感染した細胞の分裂が盛んになり、増殖して塊となります。これがいぼ(イボ)の正体です。また、このウイルス性のいぼ(イボ)と間違われやすいのがタコです。タコは物理的に刺激を受けることで、皮膚の外側にある角質層が厚くなり硬くなったものです。指にできるいぼ(イボ)は、ペンダコと見た目が似ているため、誤って刺激すると症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。また、手にできるいぼ(イボ)のなかでも、ウイルス性のいぼ(イボ)に関してですが、手は、日常生活でよく使い、さまざまなものを触ります。そのため、知らないうちにささくれやあかぎれ、すり傷などといった小さな傷ができやすいところでもあります。その小さい傷からウイルスが侵入すると、ウイルスに感染した細胞の分裂が盛んになり、増殖して塊となります。これがいぼ(イボ)の正体です。また、このウイルス性のいぼ(イボ)と間違われやすいのがタコです。タコは物理的に刺激を受けることで、皮膚の外側にある角質層が厚くなり硬くなったものです。指にできるいぼ(イボ)は、ペンダコと見た目が似ているため、誤って刺激すると症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。

Copyright© 2019 【意外と簡単】気になるいぼを病院やクリニックで治療する方法! All Rights Reserved.