【意外と簡単】気になるいぼを病院やクリニックで治療する方法!

サイトメニュー

いぼの遺伝

院内

遺伝させない為にできること

いぼは遺伝すると言われることがあります。遺伝するかどうかはいぼの原因にもよります。一般的ないぼはウイルス性のもので、このいぼは遺伝することはありません。しかし、非ウイルス性のいぼは遺伝によって発生すると言われています。それは、加齢性のいぼです。加齢性のいぼの場合、親がいぼのできやすい体質なら、子どもにもいぼができやすいと言えます。ですので、親にいぼがある時には、予防をしっかりしておきましょう。予防するには、肌の新陳代謝を高めておく必要があります。肌のダメージを極力少なくすることが大切です。そのためには、肌のダメージとなる紫外線をシャットアウトしましょう。日焼け止めクリームを塗っておくことや、適度な運動とバランスのよい食生活も重要です。また、十分な睡眠を取るなど、健康的な生活がいぼが一番できにくい予防法になります。

ウイルス性は再発に注意

もし、今、ウイルス性のいぼが出来ていて治療中なら、再発にも気をつけなくてはいけません。ウイルス性のいぼは遺伝はしませんが、再発の可能性は高いと言われています。なぜなら、いぼには親いぼと子いぼがあります。親いぼが残っているといくらほかを除去してもまた出来てしまうということです。ですから、そのいぼが親いぼなのかをつきとめ、親いぼを早めに除去しなくてはいけません。そうしないとあっという間に再発してしまいます。いぼの治療は時間がかかることがあります。それは、親いぼが皮膚の内部に隠れていて、再発させる可能性があるからです。もう無くなったからと言って、病院に行かなくなるのは危険です。再発しないためにも、しっかり病院に行くようにしましょう。

Copyright© 2019 【意外と簡単】気になるいぼを病院やクリニックで治療する方法! All Rights Reserved.