【意外と簡単】気になるいぼを病院やクリニックで治療する方法!

サイトメニュー

いぼの治療方法

ボディ

いぼの治療方法にはどのようなものがあるのか調べてみました。まず始めに「液体窒素によるいぼの治療」です。液体窒素療法は、凍結療法(とうけつりょうほう)、冷凍凝固療法(れいとうぎょうこりょうほう)とも呼ばれています。液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことによって、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させて、新たな皮膚の再生を促す治療法です。通常、1度ではいぼを完全に取りきれないため、1週間から2週間に1度くらいの間隔で、液体窒素療法を繰り返します。当然液体窒素を強く当てると治りは早いのですが、その分痛みも感じやすくなりますので、反応をみながら治療します。注意点としては、いぼを液体窒素で治療後したあとに、大きな水ぶくれ、血豆(ちまめ)、痛み、内出血が生じることもあります。次に、いぼの治療方法としてレーザー治療があります。いぼを切除する場合、以前は「液体窒素」で凍らせて除去するのが通常でしたが、最近ではレーザーで焼き切る方法も行なわれています。(縫合も行います)麻酔が必要になりますが、この方が手軽で通院回数が少なくて済む方法です。いぼの中には急に大きくなったり形が崩れてきたりするものがあり、「内出血」「痛み」「かゆみ」などの症状を伴なうケースもあります。皮膚ガンの疑いがあるいぼにはレーザーを使用せず、メスで大きめに切除した方がいい場合もあります。ウオの目もレーザーメスで切り取ると治るので、オススメの方法です。レーザーメスならはるかに簡単に治癒も早く、再発率が非常に低いので多くの方が利用しています。

Copyright© 2019 【意外と簡単】気になるいぼを病院やクリニックで治療する方法! All Rights Reserved.